ブログ

1月「糖尿病教室」開催のご報告

皆様、お世話になっております。
先月の25日(金)に糖尿病教室を開催させていただきましたのでご報告させていただきます。

今回の糖尿病教室は、クリニックオリジナル教室として、
「御飯・蓮根ハンバーグ・豚汁・酢の物」を提供させていただきました。
それに基づき、管理栄養士から献立のポイントについてお話させていただきました。

講演として、花の丘病院の検査技師より『糖尿病と水虫』についてお話をさせていただきました。
水虫(白癬)について、写真や図などもたくさん使用しながら、どうやって予防すると良いか等わかりやすく教えて下さいました。最後に皆さまからも質問を沢山いただき、皆さま興味を持って聞いてくださった印象です。

参加して下さった方からは、「大変勉強できました。」「食事は大変おいしく頂きました。」と嬉しいお声もいただきました。
また、「一度インスリンを受けたら一生しなければ駄目なのか。」と質問もいただきました。体質による部分もありますが、体からインスリンが出ている状態の方で血糖コントロールが良好になれば、インスリン注射から内服薬に変わる方も見えます。よろしければ、診察の際にも是非お話下さい。
他にも、「糖尿病と眼の関係についてくわしく知りたいです」「簡単なレシピ・料理を紹介して欲しいです」などのお声もいただきましたので、今後の参考にさせていただきます。ご意見・ご感想、ありがとうございました。
ご参加頂いた皆様、ありがとうございました。

次回のクリニックのイベントですが、2月20日(水)16時半から18時半 相可高校の村林先生をお呼びして、「季節の食材を使った糖尿病食」をテーマに教室を開催させて頂く予定となっております。15名限定の予約制となっておりますので、ご希望の方は当院の受付へお越し頂くか、お電話にてご連絡下さい。