ブログ

11月「糖尿病教室」開催のご報告

皆様、お世話になっております。
今月の22日(金)に糖尿病教室を開催させていただきましたのでご報告させていただきます。
11月の糖尿病教室は、クリニックオリジナル教室として、
「きのこのパスタ、ブロッコリーのミモザサラダ、スープ、りんごのコンポート」を提供させていただきました。それに基づき、管理栄養士から献立のポイントについてお話させていただきました。

講演として、花の丘病院の薬剤師より『インスリン注射について』お話をさせて頂きました。薬剤師の説明に沿って練習用のキットを用いて、実際にインスリン注射の試し打ちを行いました。皆さま熱心に取り組んで頂いていた印象です。
参加して下さった方からは、「実際に試すことができてよかった」「勉強になった」と嬉しいお声もいただきました。

また、「相可高校村林先生による糖尿病教室の開始時間を遅らせることはできないか」「アンケートにある食事療法の中で優先して気を付けようと思うものはどれかという質問の正解を知りたい」とのお声もいただきました。糖尿病教室の開始時刻につきましては、学生さんの授業終了時刻との兼ね合いで現在の16時半開始とさせて頂いており、開始時刻を早めることは難しいのが現状です。しかし、このような意見があることを伝え、検討させて頂きます。また、参加して頂いた皆さまのご都合に合わせて終了時刻以前に退席して頂くことも可能ですので、いつでもお声がけください。
次にアンケートの質問の正解につきましては、個人個人の生活スタイルや健康状態によって優先して改善すべき点は変わってくる為、これといった正解はなく、選択肢全てが正解といえるかと思います。皆さまが普段どのようなことに気を付けているかを知り、それに合わせてより良い情報提供ができるようアンケートを活用させて頂いています。個人向けの栄養指導も行っておりますので、よろしければそちらもご利用下さい。
貴重なご意見・ご感想、ありがとうございました。

ご参加頂いた皆様、ありがとうございました。

次回のクリニックのイベントですが、12月16日(月)16時30分から18時30分 相可高校の村林先生をお呼びして、「季節の食材を使った糖尿病食」をテーマに教室を開催させて頂く予定となっております。15名限定の予約制となっておりますので、ご希望の方は当院の受付へお越し頂くか、お電話にてご連絡下さい。