糖尿病について

糖尿病に関するお話

2010年の日本人の平均寿命は男性が世界4位、女性は世界1位となっており、日本の豊かさや医療水準の高さを知らしめる結果となっています。しかし、生活が豊かであるが故に、糖尿病・高血圧・高脂血症などの生活習慣病を発症する患者様も増えてきているようです。

厚生労働省の統計に依りますと、2014年の糖尿病患者数は、前回調査(2011年)から46万6,000人増えて、過去最多の316万6,000人になったとのことです。現在、日本では40歳以上の成人の3人に1人は糖尿病ないしは糖尿病の予備軍であるといわれています。

糖尿病は年齢が50歳を超えると増えはじめ、70歳以上では男性の4人に1人、女性の6人に1人の方が糖尿病を発症すると考えられております。

糖尿病の症状と予防について

糖尿病は、軽症の間ははっきりとした症状が出ない病気であるため、定期的に健康診断や人間ドックを受けていないと、発症を見逃してしまう恐れがあります。逆に、「ノドが非常に乾きやすく水をよく飲む・とても疲れやすい・食べても食べても空腹感がある・食べているのに体重が減ってくる・尿の回数が多く夜間に何度もトイレに行く」などの糖尿病に特徴的な自覚症状が出てきた時には、既に病状が進行していて血糖値がある程度高いことが少なくありません。

よって、健診等で「高血糖である」と指摘された場合には、積極的に医療機関へ受診をして精密検査を受け、糖尿病の前段階であると診断された時には正しい食事療法や運動療法の知識に関して専門家から指導を受けて糖尿病発症を予防していく事が重要となって参ります。ところが、非常に残念な事には、健診で血糖値が高く「要治療」と判定されたにもかかわらず、医療機関で受診や治療を受けずに放置している方の割合は全体で約4割にのぼり、特に働き盛りの30歳代では約6割に達することが調査で明らかになっております。健診で高血糖を指摘されたにも関わらず放置しておかれた方では10年後には43%の方が糖尿病を発症されているという統計もあります。

日本人はもともと糖尿病になりやすい民族であり、血糖値を下げる働きのあるインスリンというホルモンが遺伝的に十分に分泌されない傾向があります。さらに、欧米人と異なって軽い肥満の状態になっただけでも、血糖値の上昇に応じたインスリンの産生が追いついていかないということも分かっております。このため、過食、運動不足、肥満などの不適切な生活習慣がいくつも重なることで容易に糖尿病を発症しやすくなるといわれております。

糖尿病を罹患すると健康寿命が約10年間短縮すると言われております。また、血糖コントロールが悪い状況が長期間継続いたしますと、非常に厄介な合併症を併発し易くなり、これによりQOL(生活の質)が著しく失われる事になります。

成人の失明原因の第2位である「糖尿病網膜症」、体内の水分を尿として排泄する働きのある腎臓がダメージを受ける「糖尿病性腎症」、両下肢の痺れの原因となったり痛みを徐々に感じにくくなる「糖尿病性神経障害」などの合併症は昔から「糖尿病の三大合併症」と言われ恐れられて参りました。

特に糖尿病性腎症は、末期になりますと「腎不全」という血液中の余分な老廃物や水分を尿として体外に排泄する機能が廃絶した状態に至ってしまい、このため全身にむくみが出てまいります。さらにこれを放置いたしますと血液を全身に循環させるポンプの働きのある心臓に水分の過剰な負荷がかかってまいりますため、「心不全」といわれる状態になり、最終的には死亡の原因となります。毎日の食事に関しても腎臓の機能が低下してまいりますと、腎臓病に対応した食事療法が必要になってきますので、管理栄養士による定期的な指導を受けることが望ましいと思われます。同じく、運動療法に関しても腎機能がかなり低下してまいりますと逆に運動に制限をかけないと体に良くない場合もありますので、専門医や理学療法士のアドバイスを受けながら実践した方がよろしいかと思います。

不幸にして腎不全に至った場合には、腎機能や症状に応じて人工透析と呼ばれる治療を導入して、血液中の余剰水分と代謝の過程で発生した老廃物を機械の力を借りて体外へ排泄し、血液を浄化することで死亡のリスクを減らすことができます。しかし、人工透析の治療を行うためには2~3日に1回は透析施設へ通院し、1回につき数時間の治療時間を要しますので、残りの人生のかなりの時間を透析治療に費やすことになります。ですから、腎臓が本来の機能を失わない内からきちんとした糖尿病の治療を受けて糖尿病性腎症の発症・進行を予防することがとても重要となります。

その他にも、心筋梗塞や脳梗塞といった命に関わる恐ろしい病気は糖尿病に罹患されている方では健康な方と比較してそれぞれ3~4倍の高頻度で発症する事や、下肢閉塞性動脈硬化症という足の切断に繋がる病気に関しても、糖尿病が重要な危険因子となることが分かっております。

糖尿病の合併症の多くは、良好な血糖コントロールを維持していくことで予防・改善が可能であるということが分かっております。そのためにも、なるべく早くご自身が糖尿病の状態であるということを発見し、そして糖尿病(疑い)と指摘されたら迷うこと無く速やかに専門医の診察を受けるということが合併症を発症しないためにも大事なことかと考えます。

厚生労働省による2013年の人口動態統計の結果では、日本人の死因に関して、糖尿病や高血圧症などが危険因子として深く関わる心疾患(第2位)や脳血管疾患(第4位)で亡くなる方の数は年々増えているとのことです。また、人口10万人に対する糖尿病による死亡率を都道府県別に見てみますと、三重県は全国平均の11.0人を上回る12.6人という結果です。

最近の統計では、糖尿病患者様の約半数が血糖管理目標値に達しておらず、特に50歳代後半~60歳代の患者様に血糖管理が悪い方が多いという結果になっております。これには、糖尿病を専門とする医師が全国的にもとても数が少なく、患者様への満足の行く指導や治療が出来ていないことも原因の一つなのかも知れません。

松本クリニックでは…

松本クリニックでは、来院された糖尿病患者様に対して、正しい知識を身につけていただくべく管理栄養士による食事療法の指導と、糖尿病療養指導士(CDEJ)の資格を持った理学療法士による運動療法の指導を十分にさせていただき、患者様の日々の治療の実践を積極的にサポートさせていただくと共に、患者様一人ひとりが糖尿病の自己管理能力を高めていただけるようにしていただきたいと考えます。

また、食事・運動療法にて血糖コントロールの改善を認めない場合には、糖尿病専門医の診察の下に先ずは経口糖尿病治療薬の投与を行い、それでも血糖コントロールが不十分な場合にはインスリン療法を外来導入しています。(皮下注射を行う際に極力痛みの少ない極細の注射針も採用しております。)また、新しい注射剤であるインクレチン製剤(GLP-1受容体作動薬)による治療も行っています。インスリンなどの注射剤を使用されている患者様には自己血糖測定器の使用法の指導も実施させていただきます。

万一、入院による治療が必要な患者様が来院された場合にも、当院の関連施設である花の丘病院を始めとして、松阪市の基幹病院や三重大学病院とも連携させていただき、糖尿病の短期教育入院を含めた適切な入院治療を行っていただくべく、紹介をさせていただきます。

糖尿病の治療は日進月歩であるといわれておりますが、糖尿病を完治させる治療法というものはまだ開発されておりません。しかし、新しい糖尿病治療薬は毎年のように発売されており、患者様には苦痛が少なく治療を受けていただける環境は整いつつあると感じております。現在服用されているお薬でなかなか血糖値が下がって行かないと感じておられる際にはぜひ一度ご相談をいただければと思います。

また、糖尿病に限らず生活習慣病に関するチェックや健康相談・質問・血管年齢・血流検査など何でもお気軽に当院までご相談いただけますと幸いに存じます。

松本クリニック(糖尿病・内分泌内科)
日本糖尿病学会専門医 松本和隆